屋根材とルーフィング

今日は屋根材とルーフィングについて

屋根材の代表的なものというと、瓦、ガルバリウム、SGL、スレートあたりが、一般的には使われていると思います。

耐用年数だけを見ると、瓦は50年から60年、ガルバリウムで30年前後、SGLで40年前後、スレートで20年から30年前後といった感じです(それぞれの商品によっても変わります)

それぞれ一長一短があると思いますので、必ずしも耐用年数が長ければ良いとも限りません。結局、屋根材に関しては、どれを選んでもそんな大きな問題は無いとは思いますが、個人的には、屋根材とルーフィングはセットで考えるべきではないかと思います。

正直、ハウスメーカーや工務店で建築する場合に、屋根材にはこだわっても、ルーフィングにまでこだわる方はまだまだ少ないと思います。でも、施主ブロガーの方たちの中には、ルーフィングにも気を使っている方が何人か見えます。私も、施主ブロガーで有名なくろーばーさんの記事を読んで、こだわろうと考えました。

ルーフィングには、大きく分けて、アスファルトルーフィング940、改質アスファルトルーフィング、透湿ルーフィングなどに分けられます。

建売や一部のローコストの工務店などは、 アスファルトルーフィング940が使われているようですが、こちらはの耐用年数は約10年です(ただ、最近はタマホームなどでも改質アスファルトルーフィングが標準なようです)。
そのため、一般的には、改質アスファルトルーフィングが使われ、こちらの一般的な耐用年数は約20年です。ただ、 改質アスファルトルーフィングには、現在、様々な種類のものが販売されており、最も高価で耐用年数の長いものは、田島ルーフィングのマスタールーフィングで耐用年数約60年です。
それ以外にも耐用年数が30年前後のものも販売されています。

透湿ルーフィングは、その名の通り、防水しながらも透湿もしてくれるもので、湿気が貯まりにくいので、野地板等の劣化を防いでくれます。耐用年数も約50年と長いですが、金額も高く、また、施工に対応している工務店等がまだまだ少ないです。ただ、本当の意味で高耐久、高寿命を考えるのであれば、本来は、透湿ルーフィングを使うのがベストだとは思います。今は、全体の5%くらいの採用率らしいですが、今後はもっと伸びていくのではないでしょうか。

で、例えば、屋根材にはこだわって、瓦を採用したのに、ルーフィングが アスファルトルーフィング940だったとしたら、どうなるでしょうか? アスファルトルーフィング940の耐用年数が10年なので、それよりは少しもつとして、15年後くらいにルーフィングの交換が必要になります。その際、おそらく、瓦自体には何の問題もないでしょうから、一旦、瓦をはがし、ルーフィングを張り替えて、再び瓦を葺きなおすことになります。
もちろん、屋根材自体を新調するよりはお金はかかりませんが、葺きなおすには、それなりのお金がかかります。

つまり、高耐久の屋根材を採用するのであれば、ルーフィングも高耐久なものを採用しないとルーフィングだけを交換する必要が出てきてしまいます。おそらく、どんな家でも、30年後くらいには、ある程度の規模の修繕が必要なので、一つの目安として、屋根材もルーフィングも30年くらいの耐久性のものを使って、30年から40年くらい後にまとめてメンテナンスをするのが一番効率的なのではないかと個人的には思います(足場の設置が1回で済むように)。

ただ、私の場合は、すでに40歳後半で子供もいないので、最大で住んでも40年くらいだと思うので、できれば死ぬまで大掛かりなメンテナンスをしなくても良いようにしたいと考えています。

そこで、うちの予定仕様ですが、

まず、屋根材は、日鉄鋼板のSGL ニクススカラーです。

穴あき保証は25年ですが、鋼板自体は40年くらいは持つようです。これは、工務店の標準仕様でしたので、このまま採用となりました。雨音がうるさいとの話もちらほら聞きますが、天井にセルロースファイバーが入るので問題ないかと思います。

次に、ルーフィングですが、工務店の標準は、ガムスターのSEダック2というものでした。こちらは、標準的な改質アスファルトルーフィングなので、このままでも良いのですが、もう少し、高耐久のものをとお願いしたら、工務店から提案されたのは、田島ルーフィングの「ニューライナールーフィング」でした。

改質アスファルトルーフィングの中で、耐用年数を明示しているものは、ほとんどありませんが、このニューライナールーフィングは、パンフレット等で明確に「耐用年数30年」を謳っています。メーカーが明言する耐用年数が30年なので、普通に使えば40年くらいは持つのかな思っています(30年でいきなり使えなくなるわけではないので)。

ということで、こちらもなんとか40年くらいは持ってくれるのではないかということで、上記2つを採用の予定です(まだ決定ではないので、変更する可能性はあります)。

屋根材とルーフィング” に対して2件のコメントがあります。

  1. くろーばー より:

    先々のメンテナンスが考えられたステキな家づくりですね!

    1. koudannetu より:

      くろばーさん、ありがとうございます。

      くろーばーさんのブログが参考になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です